カレンプロジェクト活動写真 in ミシガン州

島を出て4ヶ月、日本を出て3ヶ月の記念日♪はアメリカのミシガン州で迎えました🇺🇸

オーストラリアに10カ月ほど留学していた時の始めの3ヶ月は本当にしんどくて、苦しくて、毎日朝がくるのが怖かった。
英語を声に出すことが怖くて、学校で誰かに話しかけてみても全然会話にならなくて、友だちが全然できなくて、1人になってしまう昼休みを恐れていた3カ月。
でもその3カ月があったから「おりゃーー!」って壁を壊す気持ちでたくさんのことにチャレンジできたし、いい友だちも、楽しい思い出もできた。
留学生活の後半は、前半では想像もできなかったくらい楽しかった!

今回の世界一周は12カ月間。
1カ国目のブラジルに着いた日の夜、自分のこれからの1年が猛烈に不安になり泣いた。
事の大きさに気づいたときにはもうブラジルにいて、簡単に引き返せないことに気づく。
これからの12ヶ月が永遠に感じた。

そう思ってから3カ月、体調を崩した期間もあったけど、たくさんワクワクドキドキできた3カ月間でした。
「つらい経験は、自分を強くしてくれる」
留学時代に経験して、次はこうしようと思ったことが力になって、そのおかげで「楽しい」3カ月になったのだとおもいます。

ミシガンでは、日本人の方々にハンドスタンプに参加してもらう機会が多かったの、ゆっくり自分の思いやプロジェクトの話しをさせて頂くことができました。
たくさんの方に応援しの言葉を頂き、このプロジェクトの良さを学び、また挑戦してみたいよいアイディアもたくさん浮かびました。

英語圏であるアメリカにあと1カ月間もいられるという、英語レベルアップ絶好の機会!
プロジェクトの話しだけでも、日本語と同じくらいの英語ができるように頑張ります!

2017年7月22日(土)
ハンドスタンプアートプロジェクト海外特派員
宮澤かれん