夢にまでみた!国連!赤十字!に伺うことができました。

ヨーロッパに渡り早2ヶ月。
日本を飛び出し旅も半年が経ちました!
フランス→ベルギー→スイス→ドイツ、10月に入ってからはロンドンへ来ています。

ヨーロッパに移動してから不安と疲れからなのか風邪を何度もひいたりと体調を崩し、なかなか施設訪問ができず時間だけが過ぎていく日々に焦りを感じていましたが、そんな中でも、素敵な出会いに恵まれ、たくさんの素晴らしい体験をさせて頂きました。

スイス,ジュネーブで

赤十字国際委員会 (International Committee of the Red Cross)
略称ICRC

国際連合人権高等弁務官事務所(Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights)
略称OHCHR

国際連合難民高等弁務官事務所( Office of the United Nations High Commissioner for Refugees)
略称: UNHCR

を訪れ職員の方々にお会いする機会をいただき、今の職業に就かれるまでの経緯や熱意、現在取り組んでいる問題になどについてお話を伺うことができました。

また私の今後の進路選択(人生)へのアドバイスを頂きました。

小笠原高校在学中に卒業後の進路決定について「小学生の頃からの夢だった、自分の目で世界をみてみたい。」それができるタイミングは今しかないと思い、高校卒業後にすぐ旅にでることにしたのですが、当時は周りからの反対や大学進学や就職へする友人を横目で見ながら自分の選択に不安がなかったわけではありませんでした。

現在も「旅を終えた自分に何の変化もなかったらどうしよう、やりたいことが見つからなかったらどうしようと不安を抱えながら旅を続けていました。

でも、今回ジュネーブで会った方々全員が「素晴らしい選択だ!悩んでいる暇はない!前を向いて進むのみ!」と旅の後押しをしていただきました。

世界を平和に幸せにするための第一線で活躍している方が言うのだから、間違いない!

この瞬間「私はこれでよかったんだ!」と心から思い、更なる決心ができました。

みなさん共通して、笑顔が素敵で、ご多忙な中、時間を割いてくださっているのに、それを全く見せない余裕のある振る舞いでした。

私もそんなカッコイイ素敵な大人になれるよう頑張ろうと思いました。
もちろんハンドスタンプも快く、押していただきました。

大きな元気をいただきこれからも旅を続けて行く力がこみ上げてきました。

国際連合人権高等弁務官のかたと

国際連合難民高等弁務官のかたと

WHO

「夢にまでみた!国連!赤十字!に伺うことができました。」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。