ボスニア・ヘルツェゴビナで年末年始を過ごしました!

12月17日〜1月9日までおよそ3週間、
ボスニア・ヘルツェゴビナで年末年始を過ごしました!

東ヨーロッパバルカン半島北西部にある国ボスニア・ヘルツェゴビナ!

私の故郷、小笠原諸島の母島ではとても有名な国です。

「サッカーが越えた民族の壁 ~サラエヴォに灯る希望の光~」
著者の森田太郎先生は私が母島小中学校に在籍していた頃、小学6年生の妹の担任として教鞭を執られ、私も進路などたくさん相談にのっていただきました。

妹が学校から帰ってくると、ボスニアの話ばかりしていたので、私もボスニアはいつか行ってみたい国の一つになっていました。

おそらく母島の子どもたちは、森田先生が島に来たおかげで初めて「ボスニア・ヘルツェゴビナ」という国を知り、ヨーロッパでは一番馴染みのある国になったと思います。

そして今回のボスニア滞在は先生の第2の故郷であるサラエヴォで先生のつながりのあるたくさんの方々にお世話になりました。

では今回は写真でお楽しみください!

紛争後のサラエヴォで、民族融合のために多民族混合の少年サッカーチームをつくった森田先生の本
(2002年明石書店出版)→ http://www.akashi.co.jp/book/b64543.html

1月7日がクリスマス!?

えっ?1月7日がクリスマス!?

キリスト教の教派の一つ「正教」のクリスマスです。

ボスニア・ヘルツェゴビナには
-ボシュニャック人(イスラム教徒)
-クロアチア人(カトリック教徒)
-セルビア人(正教徒)

と、大きく分けて3民族の人々が住んでおり、同じキリスト教でもカトリックと正教徒でクリスマスが異なります!

正教徒では、クリスマスは1月7日、新年は1月13日にお祝いをするそうです。

前日の準備でお母さんたちは料理をたくさん作り、お父さんたちはなんと、庭で豚と羊の丸焼きをしていました。


初めて本物の丸焼きを見ました!この準備の日は、魚と野菜以外口にしてはダメで、丸焼きを焼きながらみんな魚とポテトのパイをつまみにビールを飲んでいました!

ちょっと怖かったけど、香ばしいいい匂いが食欲を誘います!

当日7日は、6時に起きてみんなで朝食を食べ、その後は親戚中に挨拶をしにまわります。

今日はたくさん食べました!ボスニア・ヘルツェゴビナはご飯が美味しくて幸せです😊

Срећан Божић!
スレッチャヌ ボジチ!
(メリークリスマス)

ボスニアのこども戦争博物館

こども戦争博物館で取り上げていただきました!
母島小中学校でお世話になった森田太郎先生のご縁!
仲の良いスタッフさんの作る職場の雰囲気はとても素敵でした。

The War Childhood Museum’s employees participated in creating the mosaic consisting of 100.000 handprints from all around the world. The handprints will be displayed during the 2020 Summer Paralympic Games in Japan. 🎈

https://www.facebook.com/warchildhoodmuseum/?hc_ref=ARSWUOytpjB4SXcz88HYOyRqwatezKKSVeTCSG4OJEfuL2vxGH80qHzH4DC14UkkPSA

[ A HAPPY NEW YEAR !!!!! ]

[ A HAPPY NEW YEAR !!!!! ]

新年明けましておめでとうございます!

今年は、日本で年が明けてから8時間後に、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエヴォにて新年を迎えました。

人生初!海外でのニューイヤーカウントダウンはセルビア語でした!

昨年の2017年は今までの年と比べるまでもなく、あっとう間に凄いスピードで過ぎました。

今までの人生で、
1番移動した年、
1番飛行機に乗った年、
1番新しいことをした年、
1番美味しいものを食べた年、

そして何より「1番幸せな出会いができた年」でした。

出発準備期間に出会えた方々、
旅先で受け入れてくださった方々
素敵な方との繋がりから出会えた方々、

そして!そして!何よりもハンドスタンプを押してくれた世界中の子どもたち。

なんで私はこんなに幸せなのだろうか、と何度も思うほど、この旅では素敵な人にしか出会いませんでした。

カッコいい!
こんな大人になりたい!
こんな家族をもちたい!
この子みたいに生きてみたい!
そんなことを思わせる人ばかりに出会うことができました

そんな最高の幸せな旅も残すところあと4か月、更なる出会いが心から楽しみです。

2018年は、この世に生を受け20周年記念(笑)なので、特に感謝と笑顔と健康を大切に過ごしたいです。

世界中の人たちが戦争や差別のない幸せな時間を過ごせますように♪

大好きな家族と、この旅をサポートしてくださっている全ての方の幸せをお祈りします。

2018年も何卒よろしくお願い致します。

HAND STAMP ART PROJECT
宮澤かれん
Sarajevo, Bosnia Herzegovina

(昨年9月ドイツのケルン大聖堂にて!