「未分類」カテゴリーアーカイブ

ボスニア・ヘルツェゴビナで年末年始を過ごしました!

12月17日〜1月9日までおよそ3週間、
ボスニア・ヘルツェゴビナで年末年始を過ごしました!

東ヨーロッパバルカン半島北西部にある国ボスニア・ヘルツェゴビナ!

私の故郷、小笠原諸島の母島ではとても有名な国です。

「サッカーが越えた民族の壁 ~サラエヴォに灯る希望の光~」
著者の森田太郎先生は私が母島小中学校に在籍していた頃、小学6年生の妹の担任として教鞭を執られ、私も進路などたくさん相談にのっていただきました。

妹が学校から帰ってくると、ボスニアの話ばかりしていたので、私もボスニアはいつか行ってみたい国の一つになっていました。

おそらく母島の子どもたちは、森田先生が島に来たおかげで初めて「ボスニア・ヘルツェゴビナ」という国を知り、ヨーロッパでは一番馴染みのある国になったと思います。

そして今回のボスニア滞在は先生の第2の故郷であるサラエヴォで先生のつながりのあるたくさんの方々にお世話になりました。

では今回は写真でお楽しみください!

紛争後のサラエヴォで、民族融合のために多民族混合の少年サッカーチームをつくった森田先生の本
(2002年明石書店出版)→ http://www.akashi.co.jp/book/b64543.html

1月7日がクリスマス!?

えっ?1月7日がクリスマス!?

キリスト教の教派の一つ「正教」のクリスマスです。

ボスニア・ヘルツェゴビナには
-ボシュニャック人(イスラム教徒)
-クロアチア人(カトリック教徒)
-セルビア人(正教徒)

と、大きく分けて3民族の人々が住んでおり、同じキリスト教でもカトリックと正教徒でクリスマスが異なります!

正教徒では、クリスマスは1月7日、新年は1月13日にお祝いをするそうです。

前日の準備でお母さんたちは料理をたくさん作り、お父さんたちはなんと、庭で豚と羊の丸焼きをしていました。


初めて本物の丸焼きを見ました!この準備の日は、魚と野菜以外口にしてはダメで、丸焼きを焼きながらみんな魚とポテトのパイをつまみにビールを飲んでいました!

ちょっと怖かったけど、香ばしいいい匂いが食欲を誘います!

当日7日は、6時に起きてみんなで朝食を食べ、その後は親戚中に挨拶をしにまわります。

今日はたくさん食べました!ボスニア・ヘルツェゴビナはご飯が美味しくて幸せです😊

Срећан Божић!
スレッチャヌ ボジチ!
(メリークリスマス)

ボスニアのこども戦争博物館

こども戦争博物館で取り上げていただきました!
母島小中学校でお世話になった森田太郎先生のご縁!
仲の良いスタッフさんの作る職場の雰囲気はとても素敵でした。

The War Childhood Museum’s employees participated in creating the mosaic consisting of 100.000 handprints from all around the world. The handprints will be displayed during the 2020 Summer Paralympic Games in Japan. 🎈

https://www.facebook.com/warchildhoodmuseum/?hc_ref=ARSWUOytpjB4SXcz88HYOyRqwatezKKSVeTCSG4OJEfuL2vxGH80qHzH4DC14UkkPSA

[ A HAPPY NEW YEAR !!!!! ]

[ A HAPPY NEW YEAR !!!!! ]

新年明けましておめでとうございます!

今年は、日本で年が明けてから8時間後に、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエヴォにて新年を迎えました。

人生初!海外でのニューイヤーカウントダウンはセルビア語でした!

昨年の2017年は今までの年と比べるまでもなく、あっとう間に凄いスピードで過ぎました。

今までの人生で、
1番移動した年、
1番飛行機に乗った年、
1番新しいことをした年、
1番美味しいものを食べた年、

そして何より「1番幸せな出会いができた年」でした。

出発準備期間に出会えた方々、
旅先で受け入れてくださった方々
素敵な方との繋がりから出会えた方々、

そして!そして!何よりもハンドスタンプを押してくれた世界中の子どもたち。

なんで私はこんなに幸せなのだろうか、と何度も思うほど、この旅では素敵な人にしか出会いませんでした。

カッコいい!
こんな大人になりたい!
こんな家族をもちたい!
この子みたいに生きてみたい!
そんなことを思わせる人ばかりに出会うことができました

そんな最高の幸せな旅も残すところあと4か月、更なる出会いが心から楽しみです。

2018年は、この世に生を受け20周年記念(笑)なので、特に感謝と笑顔と健康を大切に過ごしたいです。

世界中の人たちが戦争や差別のない幸せな時間を過ごせますように♪

大好きな家族と、この旅をサポートしてくださっている全ての方の幸せをお祈りします。

2018年も何卒よろしくお願い致します。

HAND STAMP ART PROJECT
宮澤かれん
Sarajevo, Bosnia Herzegovina

(昨年9月ドイツのケルン大聖堂にて!

スタイルを変えよう!!

日本を出る前は、毎日新しいことばかりで刺激的、書くことはたくさんあるに違いない。

写真もいいものがたくさんとれるだろうし載せよう。
ヘタは承知で英語と日本語の2つで書こうと思っていました。

楽しいことだけじゃなくて、辛かったことも、しょうもないことも、遊びのこともなんでも少しでもいいから投稿を続けよう。

と気合いが入っていました。

でも楽しみにしていた刺激的な毎日はすごく疲れ、iPadの液晶をみるのも目が疲れ、早く帰ってきた日は、振り返る時間よりも睡眠が優先になりました。

辛いことを書くのは私の小さなプライドにひっかかり、しょうもないことは誰かに何か言われるんじゃないかと気にし、遊びの写真なんてずっとこうしてると思われるのではないかと怖がりました。

施設訪問後は、考えさせられることが多く言葉にするのが難しかったです。
それでも書こうとするとたくさんの心配が邪魔をしました。

固有名詞は合っているだろうか。
この言葉は不適切ではないだろうか。
この話はあの人を傷つけるのではないだろうか。
そもそもこれは投稿しないほうがよいのではないか。

8月まではこんな具合で、3週間に一度ほどですがなんとか投稿できました。

9月に入ってからは、プロジェクトがうまく進まず、時間ばかりが過ぎて行きました。さらに体調を何度も崩しました。
肩こりや頭痛も続き、お世話になる家で横にならせてもらうことが多くありました。

プロジェクトの合間に町を歩いたり、観光する時間をつくりました。人に会いに新しい場所にいきました。

スタイルを変えたことで集まったハンドスタンプの数は少なかったですが会うべく人に会えました。
親子の笑顔をたくさんみられました。
また自分のいいところにも気づけました。

元気?と聞かれて、「元気ー!」と無理に答えなくてもいいのかなと思います。
いや、まあまあかな。
と言えることも大事かなと思います。

今はすごーく元気です!
写真はロンドンで連れていってもらったハリーポッターの映画撮影スタジオですが、今はスウェーデンのストックホルムにて、プロジェクトも観光も人との時間も、気持ちよくできています。

母島育ちには体験したことのない寒さですが、自分の白い息をみたり、手袋したり、ブーツ履いたり、冷たい空気を思いっきり吸うのを楽しんでおります。

このままあと半年続けていきたいと思っております。
どうぞこれからもよろしくお願いします。

宮澤かれん
11月6日(月) Stockholm, Sweden.

※写真はお酒ではなく、ハリーポッターに出てくるバタービールというジュースです笑.

#travelingtheworld
#collectinghandprints
#fromallovertheworld
#2020tokyoparalympics
@handstampkarenproject
#ハンドスタンプ海外特派員
#宮澤かれん
#team1998
#hahajimagirl
#はじめての世界一周
#自分で選んだ道
#今を生きる
#changetheworld

夢にまでみた!国連!赤十字!に伺うことができました。

ヨーロッパに渡り早2ヶ月。
日本を飛び出し旅も半年が経ちました!
フランス→ベルギー→スイス→ドイツ、10月に入ってからはロンドンへ来ています。

ヨーロッパに移動してから不安と疲れからなのか風邪を何度もひいたりと体調を崩し、なかなか施設訪問ができず時間だけが過ぎていく日々に焦りを感じていましたが、そんな中でも、素敵な出会いに恵まれ、たくさんの素晴らしい体験をさせて頂きました。

スイス,ジュネーブで

赤十字国際委員会 (International Committee of the Red Cross)
略称ICRC

国際連合人権高等弁務官事務所(Office of the United Nations High Commissioner for Human Rights)
略称OHCHR

国際連合難民高等弁務官事務所( Office of the United Nations High Commissioner for Refugees)
略称: UNHCR

を訪れ職員の方々にお会いする機会をいただき、今の職業に就かれるまでの経緯や熱意、現在取り組んでいる問題になどについてお話を伺うことができました。

また私の今後の進路選択(人生)へのアドバイスを頂きました。

小笠原高校在学中に卒業後の進路決定について「小学生の頃からの夢だった、自分の目で世界をみてみたい。」それができるタイミングは今しかないと思い、高校卒業後にすぐ旅にでることにしたのですが、当時は周りからの反対や大学進学や就職へする友人を横目で見ながら自分の選択に不安がなかったわけではありませんでした。

現在も「旅を終えた自分に何の変化もなかったらどうしよう、やりたいことが見つからなかったらどうしようと不安を抱えながら旅を続けていました。

でも、今回ジュネーブで会った方々全員が「素晴らしい選択だ!悩んでいる暇はない!前を向いて進むのみ!」と旅の後押しをしていただきました。

世界を平和に幸せにするための第一線で活躍している方が言うのだから、間違いない!

この瞬間「私はこれでよかったんだ!」と心から思い、更なる決心ができました。

みなさん共通して、笑顔が素敵で、ご多忙な中、時間を割いてくださっているのに、それを全く見せない余裕のある振る舞いでした。

私もそんなカッコイイ素敵な大人になれるよう頑張ろうと思いました。
もちろんハンドスタンプも快く、押していただきました。

大きな元気をいただきこれからも旅を続けて行く力がこみ上げてきました。

国際連合人権高等弁務官のかたと

国際連合難民高等弁務官のかたと

WHO

藤岡奈穂子選手の試合が決定!!

みなさまご無沙汰しています。
おかげさまでヨーロッパ中を列車&飛行機で無事に移動していています。アップがなかなかはかどらないです。すみません。
今日は私のプロジェクトを応援してくれている、藤岡奈穂子選手の試合が決まったようなので、ここでお知らせいたします。
なんと5階級制覇に挑戦、藤岡選手のチャレンジが私の旅への挑戦を押してくれています、試合会場には行けないけれど、異国の地から力一杯応援したいです。
お時間ある方は是非試合会場に足を運んで直接応援していただければ幸いです、よろしくお願いいたします。

詳しくは下記URLをご覧ください。

https://ameblo.jp/fujiokanaoko/entry-12320358745.html?frm_src=thumb_module

いざ!ヨーロッパ!!

「いざヨーロッパへ!」

5月31日に入国したアメリカですが、いよいよ今日ワシントンD.C.からヨーロッパへ向かいます!

あっという間の90日。
でも心地のいい時間の流れ方でした。

たくさんの新しい出会いがあり、嬉しいことにいつもどなたかのおうちにお世話になることができました。
数えてみるとアメリカで10組ものホストファミリーにお世話になっておりました。
日本人のかた、アメリカ人のかた、また初めてお会いするかたもいらっしゃいましたが、毎度暖かい優しさを感じました。
幸せです。
本当にありがとうございました。

写真はアメリカ最後の滞在先ワシントンD.C.のアメリカ合衆国議会議事堂前です。
(左の人は父ではありません私です。笑)

ヨーロッパ気を引き締めて、まずはパリからスタートしたいと思います🇫🇷

I’m about to leave the U.S.
There are so many great memories in 90days in America and Canada!
I had 10 host families while traveling the U.S. and Canada. So I want to say Thank you for everyone who supported and helped me at your town.
Next stop is Paris in France🇫🇷

This picture from my final stop in the U.S. , Washington D.C.🍔
(It’s me it’s not my dad😜)

 

CANADA

カナダでの写真です🇨🇦
7月25日から30日まで、カナダサイドからナイアガラの滝を見るために行ってきました!
母島で妹と弟の英会話の先生だったミッチェル先生に、手形もいただきました。