From friends

5/29 北山剛さんより

【HSAPペルー編LastDay|ICSLで56ハンド】

明日、ロサンゼルスへのフライトを控えた宮澤 かれん (Karen Miyazawa)さんの活動最終日は、活動拠点である僕の自宅から徒歩5分の近さにあったICSL(インター校)に繋いでいただいて開催!

この学校は、小学校から高校まで約120人、25ヶ国の国籍の子どもたちが「ごちゃまぜ」になっています。(日本人は5〜6人くらいかな)急なお願いにもかかわらず、快く受け入れて頂き、ありがたいです!

久々に全て英語でのコミュニケーション空間が新鮮だった〜(と言っても、僕はあまり話せないし、返す言葉にスペイン語がちょいちょい混ざっちゃって相手は意味不明な感じw)

たまたま学校休みだった娘も連れてったけど、なんか色んなことに影響受けてたなぁ
見学したいって言って、させてもらったしなぁ
ここ行きたい!とか言い出すのかなぁ

ってなってもいいように、パンフレットもらってきてしまった(笑)

5/28 北山剛さんより

HSAPペルー編|AELU障害者支援施設で22ハンド】

ペルーでのHSAP活動も終盤戦になり、ようやく訪問したかった障害者支援施設に行けることに!

ここは、17歳以上の方が誰でも利用できる施設らしく、この日は20名くらいの方々がいらっしゃった。

急なアポイントだったにも関わらず、快く受け入れて頂き、かつ、施設内の案内もして頂けて、ありがたいです!

残り2日間の現時点で、ペルーに居た、1歳児から80歳代の高齢の方、国籍も様々、障害有無も様々な方々ごちゃまぜで、1,485人もの方々からハンドスタンプアートプロジェクトへの参加が実現出来ています!

 

5/26 北山剛さんより

【HSAPペルー編|ヒデヨノグチ日系校で278ハンド】

リマ市郊外に位置するヒデヨノグチ日系校

 

成り立ちは実は野口英世はほぼ関係なかったことに驚く!校長先生がペルーでの野口英世の功績を知って、素晴らしいので学校名にしちゃおう!ってことでなったらしい(笑)

 

でも、福島県人としては親近感湧くよね〜
そして、レアなHIDEYO NOGUCHIマグカップを頂戴して嬉しい!

 

5/22北山剛さんより

HSAPペルー編|サンタ・ベアトリス幼稚園で337ハンド】

本日は1歳〜5歳までのクラスがある幼稚園に訪問し337ハンドも集まりました!

以前、伺った際にこのプロジェクトのビジョンに園長先生がとても共感してくれて、全校をあげての超協力体制で実施頂けました。

最後に記念品まで頂戴し、ほんとありがたい限りです。

そして、11日前に宣言していたペルー編での目標1,000人を越え、現時点でちょうど1,100人のハンドスタンプが集まりました!
13インチのMacBookAirと比較して、かなり積み上がってますね!

まだ、明後日のヒデヨノグチ校が残っているので、まだまだ増えますね〜!

 

 

 

 

 

5/19 北山剛さんより

【HSAPペルー編|ペルー新報一面デビュー】

ありがたいことに、リマでの一連の活動を取材頂いて想定外の一面に写真を掲載いただいた!

ラ・ビクトリア校での活動の様子も記事になり、そのお陰もあって、ここからさらに別の学校に繋がり、来週の訪問が決まった。

なんと、ヒデヨ・ノグチ校

このリマに、福島県人の誇り「野口英世」繋がりの学校があったんだ!?(不勉強ですいません。。。)

ちょっと郊外の立地で車で行くのも1時間以上かかっちゃうんだけど、ヒデヨ・ノグチ校訪問楽しみです!

5/18 北山剛さんより

【HSAPペルー編|リマ日本人学校で49ハンド】

小学一年生の娘も通うリマ日本人学校でハンドスタンプを開催!
校長先生、教頭先生を始めたくさんの先生のご協力もあって、子どもたちもみんな楽しみながら参加できました!

最後に花束も頂戴して、本当にありがたい!

とても温かい学校で、学年関係なく仲良くて、先生もフランクでやりやすい、親としては安心してますw

5/17 北山剛さんより

HSAPペルー編|日系校1.5日間で541ハンド】

3歳〜17歳までが同じ敷地内で学ぶ日系校のラ・ビクトリア学校に2日連続でお邪魔してきました!(当初予定は1日だったが下校時間までクラスを周りきることができずに急遽もう半日延長で協力して頂けました。校長先生&PTA会長のご理解に感謝。)

全校生徒並びに教員の先生方含め541ハンドも協力頂くことができました!

子どもたちみんな楽しそうにハンドスタンプをしているのと、(純な?)日本人が訪問するとめっちゃ話しかけられることが印象的でした。

日系校なので日本語の授業もあるようで、低学年の子達は覚えたての挨拶言葉や簡単な会話を一生懸命してきてくれるんだけど、ほとんどはスペイン語で早口で話しかけられるので、ほぼ分からず(笑)

でも、笑顔とジェスチャーとほんの少しのスペイン語単語で仲良くなれちゃうのが子どもたちとの距離感の素敵さ。

面白かった質問No.1は「日本語、話せるの??」でした。
(思わず、日本語でツッコミ入れたけど、分かったかなぁw)

5/17北山剛さんより

【HSAPペルー編|ペルー新報(日本語面)デビュー】

5月14日(日)付、ペルー新報に先日の新聞社訪問記事が掲載されていました!

ハンドスタンプアートプロジェクト自体の発足経緯や趣旨など、お伝えしたことを結構しっかり書いて頂いていてありがたいです!

これを弾みに、さらにペルーでの活動を活発化させます!
本日も、数百人の生徒さんと触れ合ってきたレポートはまた後日!

画像に含まれている可能性があるもの:1人

5/14北山剛さんより

【HSAPペルー編|ペルーの次はメキシコか!?】

HSAP世界一周の旅もブラジルからずっと休みなしで走りっぱなしだったみたいなので、ペルーの土日は一旦、休息の日に。

たまたま、妻の経産省同期がメキシコからペルーに遊びに来ていたので、ちょっと大人なディナーに 宮澤 かれん (Karen Miyazawa)さんをご招待。

また、明日からの一週間の活動に英気を養ってもらえたかな。

そして、話の流れから、次の渡航はメキシコになりそう!?
外務省つながりから、在メキシコ日本国大使にも話をしてもらえそうで、活動の幅もちゃんと拡げられそう。

折角なので、僕ら家族も一緒にメキシコアテンドか!?
こういうノリだけで中南米旅行を弾丸でやってみるのも面白いね(笑)

5/12 北山剛さんより

【HSAPペルー編|ペルー新報社取材決定!】

こんにちは!
在ペルーハンドスタンプ大使に就任してました北山です!

5月12日(金)の活動も実りあるものでした!
大きなものとして、3つありました!

①ラ・ビクトリア日系校への協力打診
→ 来週全校対象に実施(数百人)

②リマ日本人学校への協力打診
→ 来週全校対象に講話&実施(約50人、娘含むw)

③ペルー新報社への協力&取材打診
→ 取材2件決定&本日の様子も第一弾の記事になる??

これで、学校での実施は3校になりました。たくさんの子ども達のハンドスタンプを日本に持っていけそうです!

そして、ペルー新報社さんも快く取材協力していただき、その場で社内にいらっしゃったスタッフの方々にハンドスタンプもしていただきました!
加えて、社屋の近くにあるカヤオの歴史地区も案内していただき海辺にも連れて行ってもらえました。ほんと良い人たちだ〜!

宮澤 かれん (Karen Miyazawa)さん、ペルーでの新聞デビューは間近です!

 

 

5/11 北山剛さんより

本日はペルー日系人協会さんにアポなしで訪問してみましたが、アテンドしてくれた日系の方の突破力のおかげで、高齢の方中心に140ハンドも集まりました!
とても熱いご協力を頂きました皆さま、ありがとうございました!

逆に「自分たちのハンドスタンプを東京オリンピック・パラリンピックまで連れてってくれてありがとう。誇りに思います。」という言葉まで頂き、海外で本プロジェクトを行う意義を新たに感じることが出来ました。

昼には少し抜けて保育園・幼稚園にもお邪魔し、園長先生にとても共感を頂き全面的なご協力も得ることが出来ました!全生徒、先生方、約300ハンドを再来週に半日で集めます!

ビジョンが明確で第三者にも分かりやすいプロジェクトなので、海外であっても、動けば動くほど、仲間も増えるし、意義も再確認できる。

やはり、楽しい!

宮澤 かれん (Karen Miyazawa)ペルー滞在2週間で、1,000ハンドを目指します!(勝手に目標宣言w)

 

 

5/10 北山剛さんより

【ハンドスタンプアートプロジェクト世界一周の旅ペルー編スタートしました!】

僕たちでも10,000枚を集めていくチャレンジがスタートしている、2020年東京パラリンピックに向けて10万枚のハンドスタンプをごちゃまぜで集めていくアートプロジェクト。

その海外特派員として世界一周の旅に出ている若干18歳のバックパッカー元気女子 宮澤 かれん (Karen Miyazawa)さんが1カ国目のブラジルに続いて2カ国目のペルーに到着しました。

これから約二週間の間、当法人 特定非営利活動法人ソーシャルデザインワークスリマ支部(という名の僕の自宅w)にホームステイして活動をしていきます。空港に到着したその足で早速、在ペルー日本国大使館にお邪魔し、大使・公使を始め、大使館員のみなさんにハンドスタンプアートプロジェクトの趣旨説明とご協力をお願いしました。

このプロジェクトの中で、リマにある障害者支援施設や学校、公的機関にコネクションを作り、当法人としてのごちゃまぜ活動にも相乗効果があるようバックアップしていく予定です。

ひとまず、ペルーに移住して2ヶ月目にしてようやくごちゃまぜの動きが始まりました!もう、ワクワクしかない!

 

 

5/8 徳弘神父さまより

<ハンドスタンプカレンプロジェクト -Hand Stamp Karen Project- 応援日報> サンパウロ教会の礼拝で紹介して、昼食会時に説明。その後みなさんに協力してもらいました。ありがとうございます!

 

 

5/7 徳弘神父さまより

今日は日曜日!!、教会に行ってみませんか?サンパウロでは、10時からポルトガル語、11時から日本語、Diademaでは18時からポルトガル語で礼拝をします。今日は子どもたち二人の洗礼式もあります。お昼はお祝いでシュラスコです。日本からのお客さんも紹介しますよ。どうぞ!Teremos culto em português das 10 hrs, em Japonês das 11 horas, e em Diadema culto em português das 18 horas. Hoji teremos Batismo, Santa Ceia e festinha. Venha cá

 

 

5/6 徳弘神父さまより

<ハンドスタンプカレンプロジェクト -Hand Stamp Karen Project- 応援日報> 日本人街(現・東洋人街)に戻ると雨も上がり、食事の後、サンパウロ日伯援護協会を訪問。事務局長と旧新会長さんにご挨拶。気さくにいろいろなお話を聞かせてくださり、与儀新会長らは会長室でハンドスタンプにも参加してくださいました。ブラジル日系社会を代表する方々にお会いでき、応援していただきました。ありがとうございます。帰りに同じビルの歯科医院で働いている教会メンバーも訪問。充実した一日でしたね。あなたも、世界一周するカレンちゃんや日本で活動しているHSAPに参加して、障がい者の方やご家族の支援や連帯にご協力ください。

 

 

5/6  徳弘神父さまより

<ハンドスタンプカレンプロジェクト -Hand Stamp Karen Project- 応援日報> カレンちゃんのハンドスタンプアートプロジェクト(HSAP)、今日は一緒に日伯病院の隣にあるPIPAという自閉症療育施設にお邪魔しました。日本からも学んだ自閉症児の療育プログラムがブラジル政府にも先進的な取り組みと認められて期待されているそうです。温かく迎えてくださり、子どもたちも職員のみんなも参加してくれました。リオのオリンピック、パラリンピックの時に日本から来た芸術家とともに芸術作品を作り、それから東京のオリンピック・パラリンピックにもつなげようという企画があるとのこと。HSAPも一緒につながってよい働きになればいいなと思わされました。ありがとうございました。<説明・Obs.>:病気や障がいを抱えるお子さんの手形を集めて世界一の大きな絵を描く「ハンドスタンプアートプロジェクト」(HSAP)を、日本だけでなく、世界中の国でおこないます。The Hand Stamp Project (HSAP) is a Japanese project to collect handprints from children with special needs and their supporters. The end goal is to create the largest mosaic art piece in the world at the Tokyo 2020 Paralympics in order to raise awareness and support for them. I’m travelling the world to collect handstamps from people around the world!

 

 

5/5 徳弘神父さまより

今日はお客さんのかれんちゃんを連れて、新聞社2社にお邪魔しました。話が盛り上がって楽しかったです。ありがとうございました。ハンドスタンプアートプロジェクトで世界一周して障がい児やご家族のサポートをしています。よろしくお願いします〜

5/4 Eriko Ishikawa&村中香織さん

カレンちゃんと島の仲間たち

2017年03月24日 Sho Watanabeさんより

HAND STAMP KAREN PROJECT.

個人のSNSではご紹介しているブラジルさんの娘、カレンちゃんのロゴが完成。

HAND-STAMP-PROJECT1.png

カレンちゃんは、ハンドスタンプアートプロジェクトの海外特派員として世界中を周り、
病気や障がいを抱える子供達の手形や足形を集めに行きます。

そのプロジェクトは、病気や障がいを抱える子どもたちの手形や足形などを集めて世界一の
大きな絵を描くプロジェクトです。みんなの夢と一緒に2020年の東京パラリンピック会場に
掲げることを目指しています。

HAND-STAMP-PROJECT2.png

できるコトを言うコトで、打ち合わせをしながら僕はカレンちゃん用のロゴをデザインさせて
もらいました。何処かの国や街で、この目印を見つけて皆ハッピーになってくれれば幸いです。
アートの力はノーボーダー。
カレンちゃん、沢山の事を学び、良い経験にしてね!応援しています。

Traveling for HSAP!